化粧水はコットンでつけるのと手でつけるのどちらがいいの?

化粧水は手でつけるのとコットンでつけるのとではどちらの
方が効果的?なんてことを時々聞きますが、結論から言うと
どちらでつけても効果はかわりないんですね。

 

毎日のスキンケアではどちらでも使いやすい方でいいですが、
あえてコットンを使う必要もないのではという感じです。

 

というのもコットンを肌の上で滑らせることでコットンの
繊維の刺激で肌を傷つける可能性もあるからなんです。

 

角層に傷がつくと肌の潤いが蒸発して肌の乾燥につながる
可能性があります。

 

たまに手でつけるとムラになるとか手が化粧水を吸収してしまうなんていうことを
聞くこともありますが手のひらはバリアが厚いので化粧水を吸収してしまうことは
ありません。

 

たしかに凹凸のある人の顔にまんべんなく化粧水を行き渡らせるのには
コットンの方が効率がいいのかもしれませんが、どちらでつけても効果が
違うということはありません。

 

 

 

スキンケア豆知識関連記事

 

化粧水はコットンでつける?手でつける?
化粧水パックの効果は?
化粧水の選び方
化粧水の本来の目的って?
保湿成分の種類
肌のターンオーバーとは?
肌のバリア機能とは?
肌のゴールデンタイムとは?

 

 

 

保湿力の高い化粧水TOPに戻る