保湿成分の種類

保湿成分の種類は大きく分けて3つのタイプがあります。

 

水分をはさみ込むタイプ
水分を挟み込んでキープする性質があり、水分保持力は最強です。

 

セラミド
スフィンゴ脂質
水素添加大豆レシチン
ステアリン酸コレステロール

 

水分を抱え込むタイプ
角質内保湿として働き、水分を抱え込んでキープしてくれます。

 

ヒアルロン酸
コラーゲン
エラスチン
ヘパリン類似物質

 

水分をつかむタイプ
水分を吸湿しる性質があるが湿度の低いときには保湿力が下がる。

 

天然保湿因子(NMF)
PG、グリセリンなど

 

 

 

スキンケア豆知識関連記事

 

化粧水はコットンでつける?手でつける?
化粧水パックの効果は?
化粧水の選び方
化粧水の本来の目的って?
保湿成分の種類
肌のターンオーバーとは?
肌のバリア機能とは?
肌のゴールデンタイムとは?

 

 

 

保湿力の高い化粧水TOPに戻る