化粧水の本来の目的って?

化粧水は肌を潤すもの・・と思われがちですが、じつは
化粧水の水分がそのまま肌の水分になるわけではないん
ですね。

 

というのも化粧水の成分のほとんどが水でできているので
保湿成分自体の量はそこまで多く配合できないからなんです。

 

では化粧水はなぜ必要なのかというと、肌をみずみずしく
整えること、また潤った肌は美容成分の浸透をよくするので
次に使う美容液の道筋を作るという役割があるのです。

 

また化粧水や美容液のあとには必ず乳液やクリームが
必要です。
化粧水や美容液は主に水分と美容成分を補うもので、
乳液やクリームのような油分には水分や潤い成分がとぶのを防ぐ
効果があるからです。

 

なので化粧水や美容液で肌を潤したあとはしっかりと
乳液やクリームを使うようにしましょう。

 

 

 

スキンケア豆知識関連記事

 

化粧水はコットンでつける?手でつける?
化粧水パックの効果は?
化粧水の選び方
化粧水の本来の目的って?
保湿成分の種類
肌のターンオーバーとは?
肌のバリア機能とは?
肌のゴールデンタイムとは?

 

 

 

保湿力の高い化粧水TOPに戻る