肌のゴールデンタイムとは?

肌のゴールデンタイムという言葉を聞いたことがあると思います。

 

これは午後10時から午前2時の間のことで、この時間は肌のターンオーバーを促す成長ホルモンの分泌が活発になると言われています。
そのためこの時間帯に寝ていることが肌のためにいいと言われているんですね。

 

ただ実際には夜の10時にベッドに入れる人はなかなかいないかと思います。
なのでできれば午前0時までには眠ることができればいいのではないかと思います。

 

ただ、ベットに入っていればいいというわけではなく、質のよい睡眠が取れているかということが重要です。
朝起きた時に疲れが残っていたり、朝スッキリ目が覚めない場合は質のよい睡眠がとれているとは言えません。

 

自分の睡眠環境を見直してぐっすり眠れるための環境を整えることが大切です。

 

質のよい睡眠をとるためのポイント

寝る前に食事をとらない
食事をすると消化のために胃腸が活動しるので寝つきが悪くなるだけでなく体が休まりません。
少なくともベッドに入る3時間くらい前までには食事を済ませるようにします。

 

寝る前にパソコンやスマホを見ない
寝る前にパソコンやスマホの光をみることで交感神経が刺激されて興奮した状態になります。
寝る1時間前くらいまでにはパソコンやスマホを使うのは控えたほうがいいでしょう。

 

毎日起きる時間を一定にする
毎日起きる時間を同じにすることで体に一定のリズムが作れれます。
大切なのは自分の生活の中でしっかりと質のよい休息を取ることです。
肌の再生のためには睡眠のリズムを作ってぐっすりと眠ることが大切です。

 

その他にも寝る前にカフェインの入った飲み物を飲んだりアルコールを飲み過ぎるのもよくありません。
また部屋の温度や寝具など、ぐっすり眠れるための睡眠環境を整えることも大切です。

 

 

 

 

スキンケア豆知識関連記事

 

化粧水はコットンでつける?手でつける?
化粧水パックの効果は?
化粧水の選び方
化粧水の本来の目的って?
保湿成分の種類
肌のターンオーバーとは?
肌のバリア機能とは?
肌のゴールデンタイムとは?

 

 

 

保湿力の高い化粧水TOPに戻る